個人の戦争遺品、保存が課題に ネット上で取引も

2019/8/16 18:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人が所有する戦争体験者の遺品をどう整理し、後世に残していくかが課題になっている。最近ではインターネット上の取引サイトに出品されるケースも目立ち、散逸の恐れが高まる。戦没者の配偶者や子どもが高齢になる中、遺品を地域の歴史資料として後世に伝える取り組みなどが必要になりそうだ。

旧日本軍の防毒マスク、B29からまかれたビラ、戦時中のアルバムや水筒……。フリーマーケット(フリマ)アプリ「メルカリ」を使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]