2019年9月22日(日)

国産スパコン「京」運用終了 7年の歴史に幕
後継の「富岳」に代替わり

2019/8/16 18:23
保存
共有
印刷
その他

スーパーコンピューター「京」(神戸市)=共同

スーパーコンピューター「京」(神戸市)=共同

神戸市の理化学研究所の拠点で2012年に本格稼働した国産スーパーコンピューター「京(けい)」が、7年に及ぶ歴史に幕を下ろす。16日に大学の研究者や企業による利用が終了。30日に電源を落とした後に撤去され、後継の「富岳(ふがく)」に代替わりする。

【関連記事】スパコン「富岳」、創薬・防災など模擬実験に強み

京は計算速度で世界最高を目指し、約1100億円の国費を投じて開発・設置された。

1秒間に1京(1兆の1万倍)回の計算ができることが名称の由来で、11年3月にシステムの一部が稼働し、同年に「TOP500」と呼ばれるスパコンの性能ランキングで世界一を獲得。12年9月に実際の運用を始めた。

大学や企業の研究者など延べ1万1千人以上がシミュレーション(模擬実験)などに利用し、宇宙の進化を探る研究や気象予測、企業の新材料開発などに貢献してきた。

京が撤去された後に富岳が設置され、21年にも運用を始める。ピーク時の計算性能は毎秒40京回に達し、京を大幅に上回る。現在、世界最速のスパコンである米国の「サミット」の2倍で、日本が世界一の座を奪還する可能性もある。

創薬や防災、エネルギー関連の研究開発などで、画期的な成果の創出を目指している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。