ひょうたんでアート 栽培から一貫、出合いも魅力
(静岡 きらり人財)

2019/8/16 19:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ほら、これきれい!」「どうやって作るんだろうね」――。浜松市の奥浜名湖田園空間博物館の一室で開かれていた「令和元年 ひょうたん作品展」。所狭しと飾られたひょうたん飾りやランプに、あちこちから来場者の歓声があがる。

山本武雄さん(76)は40年以上にわたり、ひょうたんを使ったアート作品の創作を続けている。「引佐ひょうたん愛好会」の会長を務め、年2回の作品展で4人のメンバーと作品を披露するほか、メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]