空き家問題を考える(1) 負の循環が生む社会的な問題
横浜市立大学教授 齊藤広子

やさしい経済学
2019/8/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本で空き家が増えています。2018年の住宅・土地統計調査(総務省)では、ふだん居住する人のいない空き家は全国で846万戸にのぼります。総住宅数に占める割合(空き家率)は13.6%と、過去最高を記録しています。

都道府県別で空き家率が最も高いのは山梨県の21.3%です。一方、最低は埼玉県と沖縄県の10.2%で、おおむね地方都市で高く、都市部では低くなっています。ただ、空き家の発生理由や状態は地域…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]