2019年9月15日(日)

武田が年初来安値、主力薬低調を懸念

2019/8/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

16日の東京株式市場で武田薬品工業株が続落した。一時前日比2%(84円)安の3531円まで下落し、年初来安値を更新した。2019年4~6月期の決算発表を受け、主力薬の販売低調が懸念されている。第一三共など他の製薬大手に比べ新薬開発の進捗が不透明だとの見方も出ており、嫌気した投資家の売りが先行している。

この日の安値はアイルランド製薬大手シャイアーの買収が臨時株主総会で承認された直後の安値(18年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。