青森の新酒造好適米「吟烏帽子」使った日本酒デビュー
東奔北走

2019/8/16 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青森県産業技術センターが開発した酒造好適米「吟烏帽子(ぎんえぼし)」を使った日本酒がデビューした。吟烏帽子は耐冷性・耐病性に優れ、冷涼な地域で栽培が可能な酒造好適米。これまで酒米栽培に向かなかった県南・下北地方で栽培できることで、同地域の酒造会社は原材料から一貫して地元にこだわった酒造りに取り組めることになる。

吟烏帽子を使った日本酒を製造・販売するのは鳩正宗(十和田市、商品名・鳩正宗)、桃川(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]