/

ロボットがルームサービス、新宿ワシントン本館で

新宿ワシントンホテル本館(東京・新宿)は23日から、自走式のロボットが客室まで飲食物を届けるサービスを始める。宿泊客に最新のサービスを提供し、ひと味違う経験をしてもらいたい考えだ。

デリバリーロボット「S-mile(スマイル)」は4月に1台導入した。これまではタオルなどアメニティーの補充での利用に限定していた。利用客からの要望に応え、ルームサービスでも使うことにした。

ビールやソフトドリンク、スナック菓子や缶詰といったおつまみなどを提供する。ロビーで商品をロボットに積み、ルームナンバーを入力すると自動で客室まで向かう。宿泊客と同じエレベーターを使い、センサーで降りるフロアを指定する仕組み。

同ホテルは訪日外国人観光客の利用が多い。商品には日本土産にもなるフェースパックや入浴剤も提供する。ビールも東京産のクラフトビールを用意する。

ロボットによるルームサービスは、運営会社である藤田観光の全国の宿泊施設の中で同ホテルが唯一としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン