ユニゾ、ソフトバンクG系のTOBに賛同表明

2019/8/16 17:06
保存
共有
印刷
その他

HISはユニゾHDの株式を対象にしたTOBを始めた

HISはユニゾHDの株式を対象にしたTOBを始めた

ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループは16日、エイチ・アイ・エス(HIS)から敵対的TOB(株式公開買い付け)を受けている不動産会社ユニゾホールディングス株に対し、TOBを実施すると発表した。ユニゾは同日、フォートレスのTOBに賛同する意向を表明した。

【関連記事】ユニゾ争奪、背景に不動産投資熱 外資「日本は割安」

TOB期間は8月19日~10月1日で、買い付け価格は1株当たり4000円と、8月15日のユニゾ株終値(3600円)を11%上回る水準に設定した。買い付け予定数の下限は発行済み株式(自己株式除く)の3分の2に相当する2281万3500株とし、全株の取得を目指す方針だ。

HISのTOB価格は3100円で、今後はHIS側の対応が焦点となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]