/

百舌鳥・古市の両古墳群結ぶ周遊バス 22日から運行

大阪府は世界遺産登録された百舌鳥(もず)・古市古墳群を周遊するバスを22日から運行する。百舌鳥エリアの堺市博物館前から、古市エリアの土師ノ里駅前と羽曳野市役所前の3カ所を55分で結ぶ。土日祝日の1日4往復を中心に平日も合わせて、2020年3月までの期間に約400往復を計画する。

2つの古墳群は約12キロメートル離れている。直結する電車がなく、いったん大阪市内の天王寺駅まで戻って乗り換える必要がある。車内の行き先案内は日本語のほか、英語と中国語、韓国語を使う。府の事業として2200万円を投じ、南海バスと近鉄バスに運行委託する。片道運賃は大人600円。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン