/

この記事は会員限定です

アフターピルのネット処方解禁 入手ハードルなお高く

編集委員 吉田ありさ

[有料会員限定]

政府が7月末、条件付きで緊急避妊薬(アフターピル)のインターネット診療での処方を解禁した。アフターピルは72時間以内に飲めば8割以上の確率で妊娠を阻止できるとされ、性交渉で避妊できなかった時に、望まない妊娠を防ぐ最後の手段だ。ネット上で不正取引が横行したのをきっかけに入手ルールを見直すことになった。ただ女性の知識不足から安易な利用を招くとの慎重意見も根強く、かえって入手のハードルは上がった面もあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン