アフターピルのネット処方解禁 入手ハードルなお高く
編集委員 吉田ありさ

吉田 ありさ
2019/8/21 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が7月末、条件付きで緊急避妊薬(アフターピル)のインターネット診療での処方を解禁した。アフターピルは72時間以内に飲めば8割以上の確率で妊娠を阻止できるとされ、性交渉で避妊できなかった時に、望まない妊娠を防ぐ最後の手段だ。ネット上で不正取引が横行したのをきっかけに入手ルールを見直すことになった。ただ女性の知識不足から安易な利用を招くとの慎重意見も根強く、かえって入手のハードルは上がった面もあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]