創業・発祥の地を歩く(4) コマツは銅山、マツダはコルク

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/8/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■コマツ、銅山が源流

石川県小松市から世界的な建設機械メーカーへと飛躍したコマツは2021年、創業100周年を迎える。銅山経営の会社が源流で、前身となった「小松鉄工所」は銅山向けの鉱山機械の生産などを目的に作られた。創業時からグローバル化や地方創生、「持続可能な開発目標(SDGs)」に通じる考え方を意識していたことがわかる。

JR小松駅から車で約15分。小松市鵜川町の「遊泉寺銅山」跡地がコマツのル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]