/

この記事は会員限定です

新潟・長野県境の苗名滝、轟音響く自然美

(信越映えスポット)

[有料会員限定]

新潟県と長野県の県境を流れる関川に「地震滝」の異名を持つ滝がある。轟音(ごうおん)が周囲の森に響き渡る様子が地震のようだったことが由来のようだ。正式名称は、地震を表す古語「なゐ」から名付けられた苗名(なえな)滝。この時期、多くの観光客が涼を求め足を運んでいる。

滝までは新潟県妙高市側にある遊歩道を15分ほど歩くと到着する。道は整備されているが、岩の階段も多く滑りやすい。スニーカーなど歩きやすい靴で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン