千葉興銀、スマホやパソコンで口座開設 19日から受け付け

2019/8/16 15:31
保存
共有
印刷
その他

千葉興業銀行は19日から、パソコンやスマートフォンで口座を開設できるサービスを始める。日中に来店できない人を取り込み、特に若い世代に対して口座開設のハードルを下げたい考えだ。

普通預金口座のほか、少額投資非課税制度(NISA)を含む投資信託の口座の新規開設を受け付ける。運転免許証などの本人確認書類を撮影し、必要事項を入力するだけで手続きが完了する。インターネット支店は開設せず、住所に合わせて最寄りの実店舗での登録とする。特定の店舗を選ぶこともできる。

専用アプリではなく同行ホームページ上から直接申し込めるようにすることで、アプリをダウンロードする手間を省く。同行営業企画部は「口座開設の手段を増やすことで顧客獲得につなげたい」と話し、今後はスマホでの口座開設を想定したキャンペーンも検討していくという。

県内では、千葉銀行が2014年8月、京葉銀行が17年4月にインターネット支店を開き、専用アプリを通じた口座開設を受け付けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]