JR東・阪本氏「地域に貢献する『五輪遺産』を」
産業界・五輪COUNTDOWN(3)

Tokyo2020
日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/8/19 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020東京オリンピック・パラリンピックは、過密の大都市・東京で開催されるだけに、生活者と五輪観戦に訪れた観光客が引き起こす大混雑をいかに緩和するかが問われる大会になる。交通の要となる鉄道を運営するJR東日本の阪本未来子常務執行役員に話を聞いた。

――東京五輪でJR東はどんな役割を担いますか。

「大前提は公共交通事業として安全・安定運行を実施し、円滑な大会運営を支援することだ。そのうえで、駅のバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]