[社説]香港の自由を壊す武力介入は許されない

2019/8/17 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港で中国への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する抗議活動が活発化してから2カ月以上になる。当初、整然と行われたデモは一部で過激化し、香港空港でも多くの便が欠航するほどの混乱を招いた。

心配なのは中国共産党・政府が香港に駐留する人民解放軍部隊の出動を排除していないことだ。さらに中国本土で治安を担う人民武装警察部隊(武警)の香港への投入も示唆している。

軍や武警は、習近平国家主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]