駅に大学名 関西で今秋続々、消費増税が契機

2019/8/17 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学名を冠した鉄道駅がこの秋、関西に相次いで登場する。鉄道会社や自治体は「文教地区」として駅周辺のイメージが向上すると期待。大学側も最寄り駅が分かりやすくなると歓迎する。背景には、10月の消費税増税に伴い駅の運賃表などを一斉に更新するため、名称変更しやすいという事情がある。ただ、長年親しんだ駅名の変更に戸惑う住民もいる。

「2019年10月1日から『柴原阪大前』に駅名を変更します」。大阪高速鉄道…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]