ロシア新型ミサイル実験事故 米ロ軍縮交渉に暗雲
極東地域が最前線 核軍拡競争に拍車の恐れ

2019/8/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平、ワシントン=中村亮】米ロの核軍縮交渉に暗雲が垂れこめている。深刻な爆発事故を起こしたロシア軍の新型ミサイルの開発実験にトランプ米政権が反発し、2021年に失効する米ロの新戦略兵器削減条約(新START)の延長に疑問を呈した。核軍拡競争に拍車がかかれば、米中が対立する極東地域の安全保障が脅かされかねない。

ロシア北西部アルハンゲリスク州のロシア海軍の海上実験施設で8日に発生し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]