中国、粗鋼生産量が過去最高、再び鉄冷えの不安

アジアBiz
2019/8/16 15:00
保存
共有
印刷
その他

中国の粗鋼生産量が伸びている。2019年1~6月の中国の粗鋼生産量は前年同期比9.9%増の4億9216万トンで過去最高となった。世界全体では9億2506万トンで、中国だけで世界の約53%を占める。2位はインド、3位は日本とアジア勢が続く。

中国の製鉄大手も増産に動く(河南省の製鉄所)=ロイター

中国はかつて世界の鉄冷えの元凶として批判を集め、16年ごろから余剰生産能力を削減してきた。事態は改善してきたとされたが、政府のインフラ整備の加速を背景にした鉄鋼価格の回復を受けて、中国企業は再び増産に転じている。違法な鋼材「地条鋼」も復活しつつあり、供給過剰がもう一度、世界各地で問題となる可能性がでてきた。(上海=松田直樹)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]