2019年9月21日(土)

ニュース

フォローする

柳弘之氏「試合に勝つには…経営と重なる80分間」
ラグビーと私(3)ヤマハ発動機会長

ラグビーW杯
2019/8/17 5:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのトップリーグの強豪、ヤマハ発動機ジュビロ。苦難の時代にチーム再生をけん引したのは当時、社長に就任したばかりの柳弘之会長だった。

柳弘之氏

柳弘之氏

――ラグビーとのつながりは。

「ラ・サール高校(鹿児島市)ではバスケットボール部だった。進学校だがスポーツは割と一生懸命やり、ラグビー部、サッカー部とは互いに横目で見ながら青春時代を過ごした。ラグビー部は九州大会の県予選で3位に入るなど結果を残した。当時のラグビー部の部誌には、対外試合の思い出について『もやしに負けるな』と叫んでいた某校監督の声、と書かれている。ラグビーは近い存在と感じていた」

――ラグビーの魅力は。

「会社人生の前半はほとんど海外で過ごし、2007年に今でいう生産本部長になって以降、当社のラグビー部の試合を観戦しにあちこちに出掛けるようになった。職場のメンバーが出場していたのもあったが、会社に置き換えて試合を見ると非常に面白い、と当時から思っていた」

「選手、戦略、マネジメントの3本立てで、どれかが欠けると絶対に勝てない。この3つがバランスの良い状態になると必ず勝てる。試合の80分間は自分の仕事、企業経営とオーバーラップする有意義な時間だ」

――09年の大幅赤字でラグビー部はリストラ候補になった。

「ちょうど社長に就任したタイミングで、リストラは前任者が決めていた。ただやり方は決まっておらず、私は部の存続を決意した。10年の初め、寮に選手らを全員集め『必ずチームを再生させる。1年だけ我慢してほしい』と訴えた」

「当時はプロ契約と正社員の選手がいて、全員をいったん、正社員にした。チームの4分の1は去ったが、精神的支柱の大田尾竜彦君や五郎丸歩君ら主力が残ってくれた。職場とのつながりは確実に太くなった」

――清宮克幸氏を招いてチーム再生を託した。

「トップリーグの入れ替え戦を戦い、どん底まで落ちた。今の選手たちで勝ってほしいと清宮さんにお願いし、彼は『やります』と即答した。若い選手を積極的に試合で使い、メンバーは役割を果たし、チームも化けた。例えば、かつて主将を務めた三村勇飛丸君は明大時代、それほど目立った選手ではなかった。自分の役割を全うし、強みを磨いてステップアップした」

――15年には日本選手権で初優勝した。

「大幅な赤字を受け、経営陣やOBには存続を巡りいろんな意見があった。実は当時、企業スポーツの必要性を考えたが、経営者が好きなことに尽きる、というのが結論だった。役員が私の世代に入れ替わったのも追い風だった。選手の苦難をそばで見てきたから、喜びは格別だった」

2018年1月のトップリーグ最終戦で(写真中央が柳会長、東京・秩父宮ラグビー場)

2018年1月のトップリーグ最終戦で(写真中央が柳会長、東京・秩父宮ラグビー場)

――引退後のセカンドキャリアにも気を配る。

「1987年にラグビー部の強化が始まり、以降、158人の選手が入社し85人が今も会社に在籍する。海外駐在が多く、現在進行形が19人で、帰国したのが18人。85人中、37人が海外駐在の経験者だ。ラグビー経験者は自分の役割をきちんと果たす、という明確な基本がある。派手ではないが、任せればやり遂げてくれるタイプが多い」

「例えば、インド南部で奮闘中の曽我部佳憲君はアイデアを次々と出し、現地で飛躍的に成長している。早大時代は天才スタンドオフと騒がれ、サントリーを経て当社で引退した。彼の営業チームは全員、インド人スタッフの中、現場で客との接点もきっちりこなす。現地でのタグラグビーの指導も彼の発案だ。何事にも前向きに挑戦し、どんどん吸収している。第2、第3の曽我部君が生まれてほしいと思う」

――ワールドカップ(W杯)への期待は。

「前回大会の南アフリカ戦の勝利は、たった80分間で世の中の評価を一変させた。期待を超えると感動につながる。もう一度、期待を上回る成績を残し、海外のファンに日本という国を再認識してもらいたい。こんなチームがつくれる日本、その中にヤマハの選手がいると胸を張りたい」

「当社グループは『レヴズ ユア ハート』を企業理念に掲げる。期待を超える価値と感動体験を提供するとの強い思いだ。7万人の従業員のうち6万人は海外の人で、理念を言葉にし、共通認識にすることが大事。ラグビーではタックルの低さやプレーの速さ、激しさ、正確さを『ジャパンスタイル』と呼ぶ。レヴズ ユア ハートもそんな理念でありたい」

(聞き手は 阿部将樹)

 やなぎ・ひろゆき 1978年東大工卒、ヤマハ発動機入社。07年執行役員、09年上席執行役員。10年社長。18年1月から現職。鹿児島県出身、64歳。
ラグビーワールドカップ2019

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
日本―ロシアの前半、自身2本目のトライを決める松島(20日、味の素スタジアム)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京・味の素スタジアムで開幕し、1次リーグA組の日本はロシアを30―10で下し、初の8強入りへ好スタートを切った。4トライを奪った日本は、ボーナス点 …続き (9/20)

記者会見するアルゼンチンのフェルナンデスロベ・アシスタントコーチ(中央)、デラフエンテ(右)ら(20日、東京都内)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグC組初戦で当たるアルゼンチンとフランスの試合前日会見が20日、東京都内で開かれ、前回4強のメンバーだったアルゼンチンのフェルナンデスロベ・アシスタントコーチ …続き (9/20)

南アフリカ戦に向け調整するニュージーランドのB・バレット(20日、東京都内)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグB組で、21日の初戦に向けて優勝候補のニュージーランドと南アフリカが20日、最終調整した。
 史上初の3連覇を目指すニュージーランドは東京都内のグラウンドで練 …続き (9/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。