台風10号日本海北上 北日本、暴風大雨に警戒

2019/8/16 9:59 (2019/8/16 13:27更新)
保存
共有
印刷
その他

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲

西日本を縦断した大型の台風10号は16日、日本海を北上した。東海や東日本で雨が続いているほか、午後には北日本で大気が不安定になる見込み。鉄道や空の便への影響も各地で続いた。

台風10号は17日未明までには日本海北部で温帯低気圧に変わり、北海道付近に進む見通し。台風の近づく北日本では16日午後から17日にかけて暴風、大しけが予想されており、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に引き続き警戒を呼び掛けている。

17日朝までの24時間予想雨量は多いところで、北海道250ミリ、東北150ミリ、東海120ミリ、北陸100ミリ。17日にかけての最大風速は北海道で23メートル。東北、北陸、近畿では20メートルで、最大瞬間風速は30メートルに達すると予測されている。

台風に向かう風が山を越え、熱風が吹き下ろす「フェーン現象」が発生し、新潟県糸魚川市では15日、気温が下がらず最低気温として31.3度を記録。最低気温が最も高かった全国記録を更新した。16日は秋田県にかほ市で午前6時18分に36.5度を観測した。

台風10号の影響でJR西日本は16日、関西線などの一部で運転を見合わせているほか、京阪神地区で合わせて75本の特急列車を運休している。JR北海道は札幌と函館、釧路などを結ぶ特急列車20本を運休する。

JR各社によると、新幹線は始発から平常通り運行。JR東海は16~17日、東海道新幹線の臨時列車13本を追加で運行する。空の便は西日本の各地を発着する便を中心に全日空日航で32便が欠航した。

台風10号により、広島県などで2人が死亡、岡山県など13府県で49人が負傷した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]