米NVIDIA、5~7月期の純利益半減 減収には歯止め

2019/8/16 7:39
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)が15日発表した2019年5~7月期決算は、売上高が前年同期比17%減の25億7900万ドル(約2740億円)だった。主力のゲーム向けとデータセンター向けの不振が続き、純利益は50%減の5億5200万ドルだった。ただ、売上高が2~4月期と比べ16%増となったことで復調への期待が広がり、株価は時間外取引で一時7%近く上昇した。

エヌビディアの19年5~7月期は17%減収だったが、主力事業の業績が2~4月期と比べて改善し復調への期待が広がった

ゲーム向けの売上高は前年同期比27%減の13億1300万ドルだった。ノートパソコン内蔵のGPU(画像処理半導体)の販売が伸びたほか任天堂「スイッチ」の新機種への部品出荷も始まったが、流通在庫の消化が続くデスクトップパソコン用GPUの停滞を補いきれなかった。ただ2~4月期と比べると24%増と大幅に改善した。

株式市場が警戒していたデータセンター向けは前年同期比14%減の6億5500万ドル。2~4月期と比べて3%のプラスに転じたことで、復調への期待が広がっている。ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は「少数の大規模顧客を除いて人工知能(AI)の『学習(と呼ぶ演算処理)』用途で順調に伸びている」と指摘した。

自動車向けの売上高は30%増の2億900万ドルだった。

エヌビディアは8~10月期の売上高について、28億4200万~29億5800万ドルを見込んでいる。前年同期の31億8100万ドルには届かないが、5~7月期に59.8%だった売上高総利益率は8~10月期に62~62.5%に改善する見込みだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]