/

この記事は会員限定です

政調会長、時代とともに変わる役割

政権人事を読む(7)

[有料会員限定]

自民党政調会長の役割は時代とともに変遷してきた。実力者をめざす試金石だったころから、各部会を束ねて政策立案の中心となった時代を経て、1990年代は連立政権での政策調整の要となった。首相官邸主導が定着した最近ではひところほどの存在感はないものの、なお総裁候補の登竜門的な意識が残る。

現職の岸田文雄氏は4年7カ月、外相を務めた後、政調会長に転じた。党三役入りを安倍晋三首相に強く希望した人事だった。「『...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン