/

DMM、横浜のVRシアターを来春閉館

ネットサービスのDMM・com(東京・港)グループは横浜駅西口で運営する劇場「DMM VR THEATER」(横浜市)を、2020年4月末に閉館する。3Dメガネをかけずに立体映像が見られる仮想現実感(VR)技術を持ち味に音楽イベントなどに使用されてきた。施設の賃貸借契約の満了を受け、営業を終了する。

VRシアターは相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツが運営する商業施設「横浜相鉄スクエア」にある。劇場自体はDMM・futureworks(東京・港)などが運営している。施設は15年9月に世界初のVRの常設劇場として開業した。

相鉄グループによると、閉館後の施設活用などについては「現時点では詳細は決まっていない」という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン