三菱重工、造船所で風車を製造 LNG船受注ゼロで

2019/8/15 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業は、稼働率が低下した主力の長崎造船所(長崎市)で風車の基礎構造の製造などを始めた。同社が得意とする液化天然ガス(LNG)船は韓国メーカーが独占し、受注ゼロの状況が続いているためだ。インバウンド(訪日外国人)の増加を背景に大型クルーズ船の修繕も手がける。造船以外の仕事を引き受けることで造船所の雇用の維持などにつなげる。

長崎造船所で製造を始めたのは、大型風車を支える基礎構造の部分だ。造船…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]