中国・習指導部、北戴河会議終了か

2019/8/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=羽田野主】中国共産党の習近平(シー・ジンピン)指導部と引退した長老らが国政の重要課題を話し合う「北戴河会議」が終わったもようだ。混乱が続く香港情勢やトランプ米政権との貿易交渉を巡る対処方針を重点的に話し合ったとみられる。

中国共産党の機関紙、人民日報は15日、共産党序列3位の栗戦書(リー・ジャンシュー)全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)が14日、北京で座談会に出席したと伝え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]