/

札幌大通のビアガーデン、前年比1割増 猛暑でにぎわう

札幌市は15日、7月19日~8月14日に大通公園で開催した「さっぽろ大通ビアガーデン」の来場客数が前年比10%増の116万9千人だったと発表した。ビール消費量も同10%増で44万1266リットルだった。

今年は期間中に猛暑が続いてにぎわった。最高気温が30度を超える真夏日は、前年は7日だったが、今年は12日だった。特に7月下旬から8月上旬にかけて、札幌で68年ぶりに10日連続の真夏日を記録。多くの市民や観光客が会場を訪れ、札幌の夏の風物詩を楽しんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン