ウナギ原則予約制、加盟店の利益7割増 ファミマ
「土用の丑」、販売額2割減も廃棄損失8割減

2019/8/15 19:05
保存
共有
印刷
その他

ファミリーマートは15日、「土用の丑(うし)の日(7月27日)」のウナギの販売を原則予約制にしたことで、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の利益が前年比約7割増になったことを明らかにした。売れ残りに伴う廃棄が大幅に減ったことが要因で、クリスマスケーキや恵方巻きでも続ける方針。販売額自体は減少したものの、本部の利益も前年並みを確保した。

ファミマはうな重などの予約販売に力を入れ、昨年よりも予約期…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]