/

この記事は会員限定です

壊れた経済の体温計 日本の長短金利、国債需給で逆転

[有料会員限定]

長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」は日本でも起きている。償還までの残存期間が5年や7年の国債の利回りが、2年や3カ月の国債の利回りよりも低い。ただ異次元緩和に伴う日銀の大量購入で需給が逼迫していることが原因で、米英のように景気後退の予兆とは言いにくい。長短金利ともマイナス圏に沈む日本では、金利が経済の温度計としての機能を失っている。

日本では2018年末に2年債と7年債で逆イールドが起きて、今年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン