/

神戸市、データ分析専門家を採用 地域課題に対応

神戸市は人口減など地域課題に取り組むため、データ分析の専門家「データサイエンティスト」を採用した。行政や民間が公開しているオープンデータを活用し、課題の発見や解決に向けた政策立案にあたってもらう。自治体が外部からデータサイエンティストを登用するのは珍しい。

医療・介護業界向け情報サービスを手掛けるエンブレース(東京・港)出身の田中志氏を採用した。委嘱期間は最長2022年3月まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン