[社説]世界の指導者は市場の警告に耳を傾けよ

貿易摩擦
2019/8/15 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の金融市場が動揺している。14日の米国株市場でダウ工業株30種平均が前日比800ドル安と今年最大の下げ幅を記録。15日の東京市場では日経平均株価が急反落し、約半年ぶりの安値となった。

市場では世界経済の先行きへの懸念が浮上しているが、背景には米中貿易戦争など政策当局者が自らまいている不安の種もある。世界の指導者は市場の警告に耳を傾けるべきだ。

今回の市場の動揺は、債券市場での「長短金利の逆転…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]