/

この記事は会員限定です

ベーシックインカムを問う ダロン・アセモグル氏

米マサチューセッツ工科大学教授

[有料会員限定]

米国をはじめ先進国では適切な社会的セーフティーネット(安全網)が整っていないため、「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI、全国民向け最低生活保障)」を導入する案を支持する声が強まっている。UBIは全国民が所得や資産などにかかわらず一定額を国から受け取れる仕組みを指す。(技術の進歩による)自動化やグローバル化で、貧富の差がさらに拡大するとの懸念も広がっている。

だが、UBIには欠点がある。最大の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン