日本の安保条約は米国のみ 防衛義務との「双務性」焦点
国際法・ルールと日本

国際法・ルールと日本
政治
2019/8/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領が6月末、日米同盟の根幹となる日米安全保障条約について「不公平な合意だ」と批判した。日米安保は日本が他国と唯一結ぶ同盟関係で、約60年間一度も変わっていない。日本政府は米国に日本の防衛義務がある一方、日本は基地などを提供する「双務性」があるとの立場だ。ただ国際的には決して一般的な形ではない。

安保条約は軍事的脅威への対処を巡り、相互の結びつきを深める条約だ。米国は現在、世界で60…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]