/

この記事は会員限定です

五輪、専用車やロボットで後押し

トヨタ、未来の移動も全方位

[有料会員限定]

トヨタ自動車が2020年東京五輪・パラリンピックに向け、専用の自動車やロボットを相次ぎ公開している。五輪の最高位のスポンサーであるトヨタは、燃料電池車(FCV)や自動運転車など3000台以上の車両を提供する計画。世界中が注目する舞台で、未来のモビリティー社会を体験してもらい、技術力をアピールする。

20年夏、五輪開催中の新国立競技場(東京・新宿)。広大な敷地内を大きな箱形の電気自動車(EV)がゆっくりと走って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン