/

この記事は会員限定です

サービス業界に特需と重圧

「五輪後」ビジネスも始動

[有料会員限定]

2020年の東京五輪・パラリンピックは各種サービス企業にとっても大きなビジネスチャンスだ。警備保障業界では、有効求人倍率が約7倍と超人手不足の中で1万4千人の警備員を確保しようと、セコムと綜合警備保障(ALSOK)の2社が代表となり、18年に共同事業体を立ち上げた。英ロンドンとブラジル・リオデジャネイロの2大会で警備を請け負った民間企業が人材の調達に失敗した教訓から、全国の100社超による大連合で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン