/

この記事は会員限定です

高値の神戸牛に変調 卸値、ピークより2割安

[有料会員限定]

高値が続いていた高級ブランド牛の神戸牛(ビーフ)の卸価格が下落している。枝肉価格は2018年夏のピーク時から2割安い。消費をけん引してきたインバウンド(訪日外国人)需要の伸びが鈍化しているためだ。下落が長期化すれば、値下げする小売りや外食店が増え、消費者の手に届きやすくなる。生産者には採算の悪化となり、輸出の拡大など戦略の見直しが迫られる。

神戸牛は繁殖の段階から兵庫県内で飼育した但馬牛の中から、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン