[FT]反自由主義こそ時代遅れ

ギデオン・ラックマン
FT
FT commentators
2019/8/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロシアのプーチン大統領は、「自由主義的な考え方は時代遅れになった」と言う(編集注、6月下旬、プーチン氏がFTの単独インタビューの中で、こう発言し注目を集めた)。確かにそうかもしれない。しかし、最近モスクワと香港の両都市を訪れたところ、反自由主義もまた、それほどうまく機能しているようにはみえなかった。

ロシアと中国は共に西側の自由主義に対し地政学的、イデオロギー的な面から異を唱える代表的存在だ。だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]