2019年9月22日(日)

電通、水陸つなぐMaaS実証実験 海洋大やモネと

2019/8/15 16:35
保存
共有
印刷
その他

電通は15日、東京海洋大学などと共同で水上と陸上の交通手段を組み合わせた次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実証実験を9月に実施すると発表した。水上では自動運航船を利用し、陸上ではソフトバンクトヨタ自動車などが出資するモネ・テクノロジーズ(東京・港)のシステムで乗用車の運行を管理する。2020年度の商用化を目指す。

電通などが実施する実証実験で使う「自動運航船らいちょうI」

実証実験は9月4日と5日に東京都港区の海岸周辺で実施する。海洋大が中心となって開発した「自動運航船らいちょうI」を活用し、自動運転の船を中心に陸上の交通手段と組み合わせて目的地を目指す。船の運航は桟橋の利用管理やチケット販売などをする電通のシステムで管理する。出発地から港、港から目的地まではモネ・テクノロジーズの「配車プラットフォーム」を搭載した乗用車を使う。

今回の実証実験ではそれぞれのシステムを独立して使うが、今後は船の利用と自動車の配車などのシステムを連携させ、1つのサービスとしての提供を目指す。目的地までの交通手段として、バスや電車に加え、ある区間で船を利用するような移動を気軽にとれるサービスを目指す。

移動手段としての船の活用を巡っては、東京都が7月に通勤に利用する社会実験を実施するなど注目を集めている。水上と陸上の交通サービスの連携により、移動手段の1つとして船を利用しやすくする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。