プレーバック

フォローする

篠原、「世紀の誤審」で銀 2000年シドニー五輪

Tokyo2020
2019/8/15 18:00
保存
共有
印刷
その他

幾多の熱戦が繰り広げられてきた五輪の歴史には物議を醸す判定も少なくない。中でも「世紀の誤審」として記憶に刻まれているのが2000年シドニー大会柔道男子100キロ超級の決勝だ。

柔道男子100キロ超級決勝で一度勝利を確認する篠原

柔道男子100キロ超級決勝で一度勝利を確認する篠原

開始1分30秒すぎ、連覇を狙うドイエ(フランス)の内股に対し、前年世界王者の篠原信一は待ってましたとばかりに内股透かしで応じる。自らも横向きに倒れながら、相手が背中から落ちたのを見て「一本」を確信してガッツポーズを見せた。

だが、主審の判定はドイエの「有効」。動揺した篠原はその後にポイントで並びながらも、終盤に再び有効を奪われて万事休す。高度な返し技を主審が見抜けなかったのが原因とされ、国際柔道連盟はドイエの有効は誤審との見解を発表した。

後に精度向上のためビデオ判定や審判委員(ジュリー)によるチェックが導入されたが、12年後のロンドン大会ではそのジュリーがジャッジに頻繁に介入し、旗判定まで覆す混乱が発生。競技レベル向上に審判がどう対応していくかは今もつきまとう難問だ。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
最後の五輪と心に決めてM・ジョンソン(右から2人目)はシドニー大会に臨んだ=ロイターロイター

 2000年シドニー五輪、開幕前に33歳の誕生日を迎えていた陸上界の「MJ」ことマイケル・ジョンソン(米国)。人類初の400メートル42秒台突入を期待されたレース本番の夜、南半球の春先にあたる9月はや …続き (10/17)

男子マラソンで沿道から飛び出した男に抱きつかれたバンデルレイ・デリマ=APAP

 五輪競技にアクシデントはつきものだが、2004年アテネ大会男子マラソンでバンデルレイ・デリマ(ブラジル)が見舞われたのは前代未聞の悲劇だった。36キロ付近、先頭を快走していた35歳の伏兵は沿道から飛 …続き (10/10)

ロンドン五輪の卓球女子団体で日本は銀メダルを獲得(2012年8月、ロンドン)本社

 1988年ソウルから五輪競技となった卓球だが、日本の初メダルまで24年の月日を要した。そのときは2012年ロンドン。平野早矢香(27)、福原愛(23)、石川佳純(19、いずれも当時の年齢)の「三姉妹 …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]