/

炭酸水の井戸で2人死亡 水くみ中、福島県金山町

15日午前5時10分ごろ、福島県金山町大塩にある水深約3メートルの公共の井戸で、炭酸を含んだ天然水をくみに来ていた新潟県の男女2人が倒れているのを家族が見つけ、119番した。2人は病院に運ばれたが死亡が確認された。死因は水死。

福島県警は誤って転落したか、水をくむため井戸に入り高濃度の二酸化炭素で意識を失った可能性があるとみている。

県警によると、死亡したのは新潟県長岡市の無職の諸橋勲さん(77)と会社員の伊佐るり子さん(49)。伊佐さんは諸橋さんのめいで、ほかの家族3人と車で訪れていた。井戸に水をくみに行った2人が車に戻ってこないことを不審に思った家族が捜しに行き、2人を見つけた。

現場には諸橋さんらが持参した水を入れるためのタンクが複数あり、うち一つは井戸の中にあった。転落防止用に設置されていた網は、発見時はめくり上げられていた。井戸の深さは約4メートル。

金山町復興観光課によると「大塩天然炭酸水」の名称で知られるこの井戸には、炭酸を含んだ天然水を目当てに県内外から観光客が訪れる。井戸の内側には足を掛けるステップがあり、下りることが可能だという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン