横浜信金、湘南信金でシステム障害 現在は復旧

2019/8/15 14:27
保存
共有
印刷
その他

国内の複数の信用金庫で15日にシステム障害が発生し、ATMでの引き出しなどができなくなった問題で、横浜信用金庫と湘南信用金庫(神奈川県横須賀市)もシステム障害が発生したと発表した。窓口やATM、ネットバンキングなどの取引が停止したという。両金庫とも同日午前11時50分ごろ復旧し、今後は再発防止に取り組むとしている。

横浜信金によると、午前5時40分ごろから11時50分ごろの間、取引ができない状態となった。年金支給日に重なったため、店頭ではシステムが正常稼働している他の金融機関で取引してもらい、後日手数料を返金するなどの対応策を案内した。湘南信金でも午前11時50分時点でシステムが復旧したと発表した。

横浜信金によると、勘定系システムを手掛ける日本ユニシスから通信機器の障害があったもようだとする連絡があったという。同金庫は「原因を調査したうえで、今後このようなことのないようにしたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]