/

プロスポーツ3チームが初コラボ、ZOZOがプロデュース

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは、千葉市で活躍するプロスポーツ3チームのコラボアイテムを製作した。地域活性化に向けた取り組みの一環で、同社は「競技の垣根を超えてタッグを組むことで、千葉をより盛り上げていきたい」としている。

3チームの選手やキャラクターを浮世絵風にデザインした

コラボするのは、千葉市に本拠地を置くプロ野球の千葉ロッテマリーンズとサッカーJ2のジェフユナイテッド市原・千葉のほか、千葉市内でも主催試合を開く男子バスケットボールBリーグの千葉ジェッツふなばしの3チーム。

新商品では各チームの人気選手やマスコットキャラクターを浮世絵で表現。柄は全7種で、半袖・長袖Tシャツとパーカーの3種類を用意した。特設ページ上で9月30日まで予約を受け付ける。

9月14~16日には、今回の商品に使った浮世絵の原画を千葉市美術館で展示する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン