福岡、セーリングで人材輩出 初心者に「追い風」も
新スポーツ名所

コラム(地域)
2019/8/16 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

風を帆に受け、大海原を疾走するヨット――。1900年のパリ大会から五輪競技として実施されているセーリングは、2020年東京大会で日本のメダル獲得の期待がかかる。福岡市ヨットハーバーは有力選手を数多く輩出する西の一大拠点。初心者にも門戸を開いており、風を操るヨットの醍醐味を体験できる。

「思い通りに動かせて面白かった。また乗ってみたい」。2日、市民ヨット教室の「親子ディンギーヨット体験」に参加した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]