競馬実況アナ日記

フォローする

場立ち予想家は話術の達人 競馬ファンと運命共に

(2/2ページ)
2019/8/17 5:30
保存
共有
印刷
その他

プレッシャーとの戦い

競馬には当然、当たるときもあれば、外れ続けるときもある。恥ずかしながら一日一度も当たらず、「競馬はもうやめよう」と誓いを立てた経験が筆者には何度もある。プロの予想家でも、当たるときと外れるときの波は当然ある。しかも、場立ち予想家はその日の予想を、台の左上にある板に記しているのだから、残酷なまでに結果は一目瞭然である。

場立ち予想家のブースにはその日の予想が掲示されている。外れが続いても逃げも隠れもできない

場立ち予想家のブースにはその日の予想が掲示されている。外れが続いても逃げも隠れもできない

吉冨氏にとって、あの壇に立つことは今でもプレッシャーであり、特に「本日一番」など勝負レースのときは耐え切れないほどという。筆者はそこまでのプレッシャーがあったとは知らず、「よくここまで続けられたと思いますよ」と笑いながら話していた姿が印象に残った。

どのようにしてプレッシャーを乗り越えてきたのかと尋ねると「自分の理論が正しいという、根拠があるからです」とこれまでにないぐらい強い答えが返ってきた。

「実走着差理論は計算方法さえ間違えていなければ当たるときはとことん当たります。魚の入れ食いのように、3連複が1日パーフェクトで当たることだって1年に何回かはある。これはゴルフで例えるならばホールインワンを何回も連続で出すようなものであり、偶然やまぐれでは絶対起こらないはずなんですよ」。数え切れない敗戦を重ねてアップデートし続けてきた「実走着差理論」。勝利することは、偶然ではなく必然なのである。

競馬専門紙の出馬表には、徹底した検討の跡を示す書き込みがびっしり

競馬専門紙の出馬表には、徹底した検討の跡を示す書き込みがびっしり

競馬理論に関する熱い話が落ち着くと、最後に吉冨氏は穏やかな口調でこう語った。「いつも来てくださる常連の方はもちろんですけど、若いカップルや家族連れなど、初めて競馬場に来たような人が自分の予想を聞いていると、より燃えますね。なんとか当ててあげて、帰りにいつもよりおいしいものを食べて、『良い日だったなぁ』と思ってほしいですから。それが私のできる社会貢献です」

吉冨節をご堪能いただけただろうか。筆者は1時間以上お話を伺ったのだが、取材していることを忘れ、思わず聞き入ってしまった経験はアナウンサーになってから初めてだった。前述の通り本人は話の勉強をしたことがないとのことだったが、やはり吉冨氏の語り口には人を引きつける魅力があることは間違いないだろう。

筆者個人として吉冨氏の魅力をひとつ挙げるならば、知識の幅広さだ。経済、哲学、時事ネタなどなど、取材をしていて吉冨氏に扱えない分野はないのではないかと思わされるほど話の内容が多岐にわたっていた。そして知識の幅が広いがゆえに、比喩も的確だ。今回も「テニスのダブルス」「ゴルフのホールインワン」という話が飛び出した。一見、競馬と全く関係がないようにみえる事象との共通点を探し出し、それをうまく取り入れることで、私はストンとふに落ちる爽快感を味わった。

「話す」ことをなりわいとする筆者にも、大変な勉強になった。吉冨節から学んだことを生かし、私も「魅力的な語り口のアナウンサー」を目指したい。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小屋敷彰吾)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

競馬実況アナ日記をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
父と同じ函館で新馬戦を勝ったゴールドシップ産駒サトノゴールド=JRA提供JRA提供

 「十年一昔」という言葉があるように、10年という期間は一つの区切りといわれます。私事ですがこの令和元年の秋、場内実況デビューしてから、ちょうど10年を迎えました。
 忘れもしない2009年10月3日の …続き (10/12)

今年の七夕賞は6枠12番のミッキースワローが優勝。7―7とはならなかった=JRA提供JRA提供

 「枠番連勝」を買いますか? 私は穴党なので今は3連複や3連単しか買わず、全くといっていいほど枠番連勝の馬券は買いません。そのため普段は枠番連勝には関心がないのですが、年に一度だけ、枠番連勝に注目する …続き (9/28)

今年産まれたロードカナロアとアドマイヤテンバの間の子。2億7000万円で落札された

 競馬界に夏の訪れを告げる大イベント、セレクトセールが今年も7月8、9の両日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。日本競走馬協会が主催する競走馬のせり市場だ。初日、高額落札馬続出で休む間も …続き (9/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]