/

この記事は会員限定です

日経平均が約半年ぶり安値の2万0405円 景気後退サインに警戒

証券部 竹内弘文

(更新) [有料会員限定]

景気後退局面が近いことを示唆するサインが次々点灯し、世界の金融市場が動揺している。15日の東京市場では日経平均株価終値が249円安の2万0405円となり、約半年ぶりの安値を付けた。景気後退入りの前兆である長短金利の逆転が前日の米国債券市場で発生。ドイツはマイナス成長に陥った。日経平均株価は15日に急反落し、節目の2万円まであと180円あまりに迫る場面があった。米中貿易摩擦の影響が心理面だけでなく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン