高橋の23位が最高 トライアスロン五輪予選

2019/8/15 10:24
保存
共有
印刷
その他

トライアスロンの東京五輪予選第1日は15日、五輪本番のテスト大会を兼ね、お台場海浜公園で女子が行われ、昨年のアジア大会金メダルの高橋侑子(富士通)が日本勢最高の23位、井出樹里(スポーツクラブNAS)は25位だった。佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)は途中棄権した。

選手、観客の熱中症対策でランは通常の10キロから5キロに短縮された。16日は男子が行われる。

開催国枠で男女各2枠を確保している日本は今大会3位以内の最上位が五輪代表に決まる。16位までに入れば、他大会との比較や評価項目によって選考で有利になる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]