2019年8月18日(日)

米国務省「香港の自治尊重を」、中国をけん制

トランプ政権
中国・台湾
北米
2019/8/15 6:09
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国務省の報道担当者は14日、香港での「逃亡犯条例」の改正案をきっかけにした抗議活動に関連し「中国や全ての当事者は香港の人々の自由や高度な自治を尊重する解決策を模索するよう求める」との見解を示した。中国政府が香港との境界に部隊を派遣したとの報道には「深く懸念している」と強調し、中国の介入をけん制した。

米国は1997年に香港が中国に返還された後も高度な自治を約束した「一国二制度」に基づき、通商面などで香港に優遇措置を講じてきた。ただ国務省担当者は「香港の自治への侵食が続くと長年にわたって築いた特別な地位が危うくなる」と指摘した。全ての当事者に自制を求めると主張しつつも「我々は表現や平和的集会の自由を固く支持している」と訴えた。

トランプ大統領は13日、香港で続くデモに関連し「平和的に解決することを望む」などと指摘していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。