トランプ氏、長短金利逆転「ばかげている」 FRB批判

2019/8/15 6:07
保存
共有
印刷
その他

トランプ氏は連日のようにFRB批判を展開している=ロイター

トランプ氏は連日のようにFRB批判を展開している=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は14日、景気後退の前兆とされる長短金利の逆転が起きたことに関して「ばかげている」とツイッターに投稿した。米中貿易戦争による世界経済の減速懸念が金融市場で広がるなか、利上げを進めてきた米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長を「無知」と批判し、FRBの金融政策に矛先を向けた。

【関連記事】
NYダウ800ドル急落、米市場関係者の見方
市場揺らす欧米景気の後退懸念 NYダウ800ドル安

トランプ氏は自ら仕掛けた貿易戦争に関して「我々は中国に勝っている。中国から企業や雇用が逃げ出している」と自賛した。「中国が問題ではない。問題はFRBだ」と指摘し、米経済の減速懸念が高まっているのは自身の通商政策ではなく、FRBの金融政策が原因だと主張した。

さらに「他の国は無知のパウエル(議長)とFRBに『ありがとう』と言っている」と皮肉を込めながら非難した。米国が世界で率先して金融引き締めを進めた過去を改めてやり玉に挙げた。

トランプ氏はFRBが7月末に利下げした後も「1%超の追加利下げ」を求めてパウエル氏に圧力を強めている。米大統領選に向けて景気や株式市場の低迷が自身の責任とみなされないよう、FRB批判を繰り返して予防線を張っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]