/

この記事は会員限定です

大手監査法人、AI時代どう生き残る

EY新日本、あずさの両トップに展望聞く

[有料会員限定]

人工知能(AI)が監査の現場で使われ始めるなど企業会計を取り巻く環境が激変している。「市場の番人」である監査法人も生き残りをかけ、デジタル人材の増強や女性の積極採用といった働き方改革に乗り出した。新年度である7月から新理事長に就任したEY新日本監査法人の片倉正美氏と、あずさ監査法人の高波博之氏に成長に向けた戦略を聞いた。

EY新日本の片倉氏、「女性パートナー3割に」

――新理事長として何に重点的に取り組みますか。

「監査品質の向上と公認会計士...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン