2019年9月18日(水)

天然ゴム先物、反発 消費増加期待で

2019/8/14 20:47
保存
共有
印刷
その他

自動車タイヤに使われる天然ゴムの先物相場が反発した。国際指標の一つとなる東京商品取引所の天然ゴム先物(RSS、期先)は14日の清算値が1キロ168.6円と前日から2円(1%)上昇した。消費増加への期待から上海先物が上昇した流れを映した。

元安・ドル高が進行したことで中国のタイヤ製品の輸出が増えるとの思惑が広がった。トランプ米大統領が対中制裁関税「第4弾」の発動を一部先送りすると発表したことで米中対立への過度な懸念が緩和したことも買いを誘った。

ただ中国では新車販売が7月まで13カ月連続で前年割れとなるなど、タイヤ向けの需要不安は根強い。米中関係の速やかな回復も望めず「相場の大きな上昇は見込めない」(楽天証券経済研究所の吉田哲コモディティアナリスト)との見方があった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。