テンセント、純利益35%増 4~6月 ゲーム市場回復

ネット・IT
中国・台湾
アジアBiz
2019/8/14 20:29
保存
共有
印刷
その他

【広州=比奈田悠佑】中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)が14日発表した2019年4~6月期決算は純利益が前年同期比35%増の241億元(約3600億円)だった。18年に当局の規制強化で凍結されたゲームの発売審査が再開されたのが追い風になった。新たな注力分野に据えるフィンテックや企業向けITも好調だった。

テンセントなどはゲームや音楽など娯楽関連事業の投資案件を増やしている

売上高は888億元と21%増えた。部門別で最大の3割を占めるゲーム事業は8%増えた。シンクタンクの中国音数協ゲーム工委などによると、1~6月の中国のゲーム市場の成長率は前年同期比8.6%と18年の5.2%から改善している。

売上高の2割強を占めるフィンテックや企業向けITサービス事業は37%増と大きく伸びた。対話アプリ「ウィーチャット」を使った決済の手数料収入などが貢献した。18年秋の大規模な組織改編で人員を手厚く配置した企業向けITサービス事業も好調なようだ。

一方で売上高の2割弱を占めるネット広告事業は16%増と、前年同期の39%増からは成長が鈍化した。企業広告が伸び悩んでいるうえ、動画配信プラットフォームなどで競合相手が増えているという。同社は「マイナスの影響は19年後半も続くだろう」とする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]